にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

二桁の計算について

算数でつまずきやすい問題に、二桁の計算がでてきます。
1から10までは、両手の指もありイメージもわきやすいです。

しかし、11から少しイメージしにくくなり、
頭の中で11単体では理解できるんだけど、これが10と1の合わさったものと考えると
頭がごちゃごちゃになってしまう子もいます。

そういう時は脳内でイメージするだけでなく
例えばおはじきなどを使って、実際指を動かしながら目から入る情報で
計算することも大切です。

イメージがわかないだけで、わかり始めれば
すらすら解ける子もいます。

ただおはじきをだすと、小学生の低学年の子は遊び始めちゃう子もいるので
時々見てあげてください。

また5+6という問題で
おはじきを使う時、右に全て置いて、まずは5個左に動かしてみようといいます。

するとおはじきの塊のいろいろな場所から左に動かし始めたりします。
塊の中でも左側に近いほうから動かしたほうがわかりやすいのですが、やはり
個性的な子が多いので、左側からと強制するのではなく、一つの案としてこういうやり方もあると教えてあげたらいいとおもいます。

自分でも色々なところから動かすので、何個動かしたかわからなくなる子もいます笑

わざとではないので怒らないようにしてくださいね。

次に6個動かしてみようといいますとか
するとまた色々なところから動かして、さらに先に動かした5個のおはじきにいきなり混ぜちゃう子もいます。

確実に動かした数があっていればいいのですが、
時には、あれ、いまいくつ動かしたっけ?と混乱しちゃう子もいます。

するとさっきの5個とよくわからない何個かが混ざって
やり直しになったりします。
もしくはそのまま計算しちゃったり笑


親御さんの目線になるとどうしても、同年代の子との差から
焦ってしまう方もいらっしゃると思いますが、

それもその子の個性と認めて、
まずは厳しくなりすぎず、勉強嫌いにならないように
心がけてみてください。

きちんと宿題に、自分から取り組む。
その姿勢だけで充分すごいです。結果はきちんとついてきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿